マイオフォーカス矯正

マイオブレイスという器具を使い、OMTという筋機能トレーニングを併用して歯並びの問題を起こす原因となっている機能を改善する矯正法です。

こどもの歯並びの問題の主な原因は口呼吸にあります。その結果様々な代償と呼ばれる誤った方法で顔の筋肉を使う方法が身につき、このことが歯並びに影響しているのです。

こどもの矯正では骨格の成長を正常化することが一番大切です。

上顎の発育は8歳でピークを迎えます。どうぞ8歳までに矯正を始めてください。

(初診からの流れ)

①矯正相談

②資料採得

③コンサルテーション、マイオブレイス使用開始

④必要であれば2〜3ヶ月の拡大装置の併用

⑤マイオブレイス

(どんなことするの?)

歯並びの悪い子どもたちに共通するのは「口呼吸」です。だからまずはマイオブレイスという

マウスピースを使って呼吸のトレーニングをしていきます。

必要に応じて上顎を広げるための装置を併用していきます。

たったこれだけで歯並びの問題が改善していきます。

知らない人は不思議がりますが、歯並びが悪くなった原因から

​治していく矯正です。

歯科 矯正歯科 予防歯科 小児歯科

%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%8A_edited.jpg

​インビザラインファースト

混合歯列期のお子様に適した矯正です。

マウスピース矯正で世界No1のシェアを誇るインビザラインがついに子どもにも使えるようになりました。

マウスピースを定期的に交換するだけで歯並びが整います。

​痛みが少なく、状態にもよりますが、治療期間は約1年間という短さです。

First_Upper_onYellow_rt1_noR_LR_edited.j

インビザラインはとにかくお手軽な矯正です。

時間をかけずに目立たない矯正が好みならこちらがお勧めです。

MyoFocusと併用すると後戻りしにくくなります。

​iteroという3Dスキャナーでお口を読み取って歯並び完成までのマウスピースを作成していきます。

 © 2023 by Lullaby. Proudly created with Wix.com