検索

暑い日が続きますが、あい歯科はDIYでイメチェンして元気に診療に励んでいますよ〜


他愛もないことですが、あい歯科のロゴが変わりました。

これからはモンステラが当院の象徴になりました。

それと同時にスタッフと私たちのユニフォームがアロハに変わりました。


コロナ騒動の中、少しでも明るい雰囲気にしたかったからです。


別にDIYが趣味というわけではありませんが、必要は発見の母ならぬ

必要はDIYno原動力という感じで色々勉強してやってみました。。。

以前待合だったエリアはコンサルルームに昇華しました。。。

以前は私の居場所だったエリアはもっと狭くなって、その分矯正の子供たちの

模型棚に進化しました。


技術の低さと面積的な限界はありますが、

工夫次第で機能的で面白い空間が出来上がります。。。


感染予防の徹底をしてさらに予防と矯正に特化したクリニックづくりを

進めてまいります。


口腔ケアは全身のケアに繋がります。


一緒に歩んでまいりましょう!

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

口呼吸を止めるには舌を上にあげればいいのです!

皆さん、日本人の9割は口呼吸してると言われていることをご存知ですか? ほとんどの人は「自分はいつも口を閉じてるから関係ない」と勘違いしてるケースが多いのですが、残念ながら「私は口を閉じてるから大丈夫」って考える時は口に意識がいってる時だから、無意識の時にどんな状態なのかは実はわからないものなのです。 試しに舌を口蓋(上顎の歯の裏のエリア)にくっつっけてみてください。 なんか息苦しくなる人は口呼吸人

授乳の注意!

歯並びの問題の大きな原因は間違いなく口呼吸です。 そして歯並びの問題は子どもたちの呼吸や睡眠に大きな影を落とします。 多くの矯正医たちは歯並びを遺伝の問題として思考をストップしてしまいますが、 後天的な要因が大きく絡んで来ていることに目を背けてはいけません。 ではなぜ口呼吸になるのでしょうか? 全人口の80%が口呼吸をしているということです。 原因は呼吸器の問題がダントツでしょう! でも鼻が悪いか

目鼻口を守りましょう!

私のアメブロ「あい歯科日記」に伝えたいことは書いておりますが、コロナ第2幕が幕を開けようとしているかもしれない今日この頃です。 政府は「気が緩むと・・・」とか言ってるけど、余程のスナイパークラスでないと緊急事態の緊張感を維持し続けることは困難です 気は緩めていいのです!ポイントをおさえておけば! 接触8割減は先日まででおしまいです。 今は経済も回さなければなりません! そこでそのポイントをそっとお

 © 2023 by Lullaby. Proudly created with Wix.com