検索

舌磨きでコロナ予防!

皆さん、舌磨きをしていますか?


コロナに関する研究も進み、今では咽頭部より口にウィルスが沢山いるのではないかと

考えられ始めました。


ウィルス感染はウィルスが体に侵入しただけでは成立しません!


私たちの体の細胞に侵入して初めて感染が成立します。


まずウィルスは私たちの細胞の突起(受容体)に取り付くことから感染をスタートします。


今回のコロナウィルスはACE2という突起(受容体)をお好みです。


そのACE2は体中にありますが、お口の粘膜にも多く存在するのです。

その中でも特に舌に多いと言われています。


ここで余談ですが・・・・


この突起は普段隠れているのですが、あるものがこの突起の姿をウィルスに見えやすくします!


何だと思いますか?


答えは口腔内細菌です。。。その中でも歯周病菌の出すプロテアーゼというタンパク質を溶かす酵素が最悪なのです!


だから口の中の細菌は徹底的にやっつけないといけないのです!


話は戻りますが、舌に沢山あることがわかってから実際調べると

どうやら本当に多いらしくて咽頭部の5倍もの量が検出されたケースもあるそうです!


でも、そう考えるとコロナウィルス感染で味覚障害が起こることの意味が何となく

想像できませんか?


いいですか?

皆さん、今から薬局へ急ぎましょう!

そして「舌ブラシ」を購入してください!

どんなものでも結構ですが、ブラシタイプよりシリコンタイプの方が清潔が保てるから

おすすめですよ。。。


2〜3回奥から手前に軽く撫でてくれば良いですよ

あまり力入れて舌を傷つけないように注意してください!


歯磨きは歯の着色を取るのが主な目的ではありません!

お口の中の細菌を減らすことが大事なのです!


このことは今回のコロナだけに限らないと思います。


予防歯科というのは予防医療の入り口なのです!


マスコミや他分野の医療家たちは予防歯科を軽く考えがちですが

口を徹底的に綺麗にすることでいろんな病気が予防できるから医療費も抑えられると思います。


皆さん、ホームケアはもちろんですが定期検診でどんどん歯科に通ってください!


家の中にず〜っと閉じこもることはできません!

外に出て社会生活を送る時点で感染リスクは発生します。


でも私たちは社会生活をすることで生きることができるのです!


正しく理解して、正しく恐れて、正しく対策して日常を戻す。


その時お口のケアをしている人としていない人とではかなりの感染率の差が出ると思います。(東京歯科大学 奥田先生のインフルエンザの調査では約10倍の差が出たそうです)


これから始まる「ウィズコロナ」の時代を一緒に楽しみましょう!


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

口呼吸を止めるには舌を上にあげればいいのです!

皆さん、日本人の9割は口呼吸してると言われていることをご存知ですか? ほとんどの人は「自分はいつも口を閉じてるから関係ない」と勘違いしてるケースが多いのですが、残念ながら「私は口を閉じてるから大丈夫」って考える時は口に意識がいってる時だから、無意識の時にどんな状態なのかは実はわからないものなのです。 試しに舌を口蓋(上顎の歯の裏のエリア)にくっつっけてみてください。 なんか息苦しくなる人は口呼吸人

授乳の注意!

歯並びの問題の大きな原因は間違いなく口呼吸です。 そして歯並びの問題は子どもたちの呼吸や睡眠に大きな影を落とします。 多くの矯正医たちは歯並びを遺伝の問題として思考をストップしてしまいますが、 後天的な要因が大きく絡んで来ていることに目を背けてはいけません。 ではなぜ口呼吸になるのでしょうか? 全人口の80%が口呼吸をしているということです。 原因は呼吸器の問題がダントツでしょう! でも鼻が悪いか

 © 2023 by Lullaby. Proudly created with Wix.com